コンサルタントで独立する方法

コンサルタントとは、クライアントが抱えている課題について専門能力を駆使して解決策を提案したり、いっしょに解決をすることを業としている人で、法人の場合はコンサルタント会社と呼ばれます。
個人でやっている場合は、フリーランスとして仕事をすることになります。
問題解決に当たっては、当然かなりの専門性が求められます。
顧客の社内の知恵を結集した場合よりも大きな成果が求められることになるのですから、報酬も大きくなる可能性はありますが、契約によっては成果を上げることができなければ問題になるリスクもあり得ます。

コンサルタントとして独立をする場合には、主に二つの選択肢があります。
既存のコンサル分野で事業をしようという時は、一度その業務で既に独立している先輩に弟子入りしてノウハウを吸収するか、コンサル業務を行っている会社に入って能力を磨くという方法です。
このケースはハローワークでの求人情報やネットでの求人情報で仕事を見つけ、まずはどこかに潜り込むことが先決です。
のれん分けとはいかないかもしれませんが、能力がついてきたら独立するのです。

もう一つの方法は、自分の過去のキャリアをベースに競合相手が少ないあるいはいない分野でいきなり独立するというものです。
競合相手が皆無であれば、他の個人事業主と同様にインターネット等を上手く使ってプロモーションをすることによって、徐々に顧客を増やしていくことが可能でしょう。